北大キャンパスその2

 学会で訪ねた北大キャンパスでの,ごみ箱以外の収穫を。

 

 まず目に入ったのが,トナーの回収ボックスとチラシ。

 

あ,なにか貼ってある。

 

 

うちの大学でもトナーは生協が回収してくれるが,

ベルマークと交換というのは初めて見ました。

 

回収箱は……。

段ボール箱のリユースでした。

ま,これで充分と言えば充分。

 

 

 

こちらは省エネを呼びかけるポスター。

やはり北大では冬の暖房対策が大切なんでしょうね。

「階段は上るべし。」がいいですね

 

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これはゴミ資源ゴミ回収の入り口だ。

出口も見なければ無能のセンセイ様だ。

No title

こめんとするあほぅ♪です さん
コメントありがとうございます。

確かにごみ箱は,ごみ循環の入口ですね。

今回のコメントは,特にインクカートリッジや
トナーがうまくリサイクルされていない,
という指摘でしょうか?

No title

インクカートリッジやトナーはメーカー毎に回収されるのでメーカー毎の専用回収箱を置いておかなければならないことなど捨てる側にはメーカー毎に分別しないで一般可燃ごみに出す方が楽だ。

No title


インクカートリッジ、トナーはメーカーが同一でないとリユースできません。写真をみると購入時の梱包材(購入時に使用していた梱包材(梱包箱、ビニール袋、および緩衝材)で保護しているように見えます。これなら、中間(業)者がはいればリサイクル可能です。

No title

追加
 わたしの町では、資源ゴミは各家庭で分別(ビニール袋か紙はたばねてしばる、ビンもふくろへいれる(http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25AD%25E3%2583%25A3%25E3%2583%2583%25E3%2583%2597/" class="keyword">キャップは取る))してだします(曜日指定)がとりにくるのは市の収集車です。焼却場で人手をかけて分別するのだと思います。
ようは、もとが取れるかどうかではなくて有限資源をムダにしないことが大切なんだと思います。
東南アジアのスラムでは、住民がゴミの山を人手をかけて分別してます。お金になるのですから、分別投棄で有効資源となるものは確実にあるということでしょう。

No title

こめんとするあほぅ♪です さん,the-prayer さん,
コメント頂きありがとうございます。
お返事が全くできておらず,申し訳ありませんでした。

現状では,メーカーごとに分けてリサイクルする必要があり,
分別が大変かもしれませんが,改善策は考えられます。
例えば,

1.メーカーで違いが起きないように,業界の統一規格に
  変えていく。
2.規格が別ならば,分別作業もメーカーの責任で行わせる。
  われわれは,メーカーのことを考えず,ただ回収ボックスに
  入れるだけ。
  そこから集めて,分別して,リサイクルするのは,
  メーカー責任。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツのhttp://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E5%25AE%25B9%25E5%2599%25A8%25E5%258C%2585%25E8%25A3%2585%25E3%2583%25AA%25E3%2582%25B5%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AB%25E6%25B3%2595/" class="keyword">容器包装リサイクル法(http://www.iza.ne.jp/izaword/word/DS/" class="keyword">DSDシステム)では,
2.のような形になっています。
リサイクルマークが付いている製品は,住民は専用の
ごみ箱に入れるだけです。

そのごみ箱の中を覗いたことがありますが,
プラスチック容器包装・紙箱からガラスびんまで,
ぐちゃぐちゃに入っていました。

「マークがあるからこのごみ箱に入れておけば良い。」と
現地の人は言っていました。

ちょっと語弊がありますが,日本人は,皆さん,
真面目に分別をしすぎています。
いい人が多いのですね。

http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2583%2589%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2584/" class="keyword">ドイツなどは,
 個人はそこまで分別はしない,
 しかし,分別~リサイクルが自然に進む社会システムを作る,
というスタンスのような感じがします。

-----

今まで,何度もコメント頂き,有り難うございました。
http://www.iza.ne.jp/izaword/word/%25E3%2582%25A4%25E3%2582%25B6/" class="keyword">イザ!が閉鎖してしまうので,引越し先を検討中です。

今月末がブログの更新期限なので,それまでに,引越し先を
決めて,最終更新したいと思っています。

有り難うございました。

プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
2747位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
82位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR