捨てられない傘

 すっかり使い捨てとなった傘の話だが,少し希望の持てる話も。

 

 前々回も紹介した,関西空港駅のごみ箱。これから出国という人がおいていく傘がごみ箱に……。

 

ま,「燃えるごみ」でも「ペットボトル」でもなく,

「その他」であることは間違いありませんが……。

問題は,「その他のごみ」なのかどうかであります。

 

ところが同じく関西空港の建物の外でこんなものを見つけた。

 

 

画像が曲がってしまっていますが,お許しを。

次はもう少しちゃんとした写真を撮ってきます。

 

 リユースを促す傘立てがあった。不要な傘も,ごみ箱に捨てずにここに入れておけば,帰国して雨に困った人が使える,という仕組み。

 

 同じようなものを,昨年訪ねた熊本大学の生協でも見たのだが,写真が見当たらない。見つかったら追加します。

 

見つかりました。ipodで撮っていたのでした。

こちらはネーミングもストレート。

 

 

 最近の傘は使い捨てが前提みたいになっていて,少しの風ですぐに壊れてしまうものも多いが,最初の写真の傘などは,壊れていない。確かに邪魔にはなるのだろうが,ごみにしてしまうのは,あまりに勿体ない。

 

 「傘は天下の回りもの」,まだまだ使えるのだから,うまくリユースする(=必要な人の共有の傘にする)機会を作れれば良いのにと思う。

 

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
3311位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
92位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR