下水道整備と衛生状態

 先日,紙が流せないトイレもたくさんあるのです,といったブログを書いたところですが,昨日,”米国の俳優マット・デイモンさんがトイレと下水道の大切さを訴えている”という記事を見掛けた。

 産経イザだと→こちら

 アサヒコムだと→こちら

 

 ユーチューブで,トイレ・下水道の大切さを説くとともに,「トイレ不使用宣言」をして,注目を集め,「安全な水と衛生施設の普及を求めた寄付」を募っているのだそう。

 

 いい活動ですね。当該のユーチューブの動画はまだ見つけられないけれども,ぜひ見てみたいものです。

 

 日本でも,これらが流行って衛生状態を改善する必要性に迫られて,「下水道法」という法律を制定したなどの歴史がある。

 

 僕はトイレのない地域を訪ねたことはまだないが,伝染病の抑制の為にも汚物の適切な処理ときれいな飲み水の確保が大切で,それらの未整備の地域が少しでも減れば良いと思う。

 

2006年,中国の新彊・ウイグル自治区にて。

ずいぶん,開放的なトイレでした。

各個室(?)に紙を入れるごみ箱が見えます。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
2747位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
82位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR