「トイレのかみ様」のこと

 「トイレの神様」で有名な植村花菜さんが結婚されたとのこと。別に個人的な知り合いでも何でもないし,彼女の歌もそれ以外には知らないのですが,「トイレ」の地位を高めてくれた1人だから,応援しています。おめでとうございます。お幸せに。

 


 

 ということで,彼女の幸せに便乗して,ほとんど親父ギャグの世界ですが,「トイレのかみ」にまつわる話を。

 

 日本の温水洗浄便座(いわゆるウォシュレット←商品名なんですが,すっかり一般名詞のように使われていますね)は大したもので,日本が大いに誇るべき技術・製品だ。海外では立派なホテルでも温水便座があることは滅多になくて(これまで台北のホテルで一度体験して驚いたことがあるだけ),海外に出ると,あの快適さ・有り難さが身にしみる。たしか「テルマエ・ロマエ」の中でも絶賛されていたと思う。

 

 便座そのものだけでなく,携帯用ウォシュレットも快適なようだ。私はまだ使ったことがないが,先日テレビ番組で,アルピニストの野口健さんが,「携帯用ウォシュレットのおかげで,登山の苦労の8割(だったかな?)ぐらいは解決した」と言っていた。高い山で,強風・寒風の中で用を足すのは大変なことのようで,温水でお尻を洗えるのはずいぶん快適らしい。

 

 先日,新しく赴任してきた大学の同僚が「職場のトイレをウォシュレットにしましょうよ。日本人が仕事を頑張れるかどうかは,トイレと風呂ですよ。」と力説していた。うん,分かる気がする。うちの大学は残念ながら,ウォシュレットが付いているのは,ごく一部の施設(図書館とか)だけ。これについては,完全に旧帝大(京大しか知らないけれど)に負けていて悲しい。

 

 ところで,トイレの紙の話である。温水便座はお湯でお尻を洗うから,汚れを拭き取るためにはトイレットペーパーは使わない。発売当初は,温風で乾燥させるから紙が要らない,というような宣伝もあったような気がするが,時間が掛かったり,充分に乾燥しきれなかったりで,結局,ペーパーレスにはなっていないけれども,論文などでデータを見たことはないが,消費量は減っているような気はする。きっとメーカーはそれらのデータを持っているだろう。

 

 では水の使用量はどうなのだろうか?温水を使って洗うから使用量が増えるように思うかもしれないが,流す紙の量が減ると,そのための水の量も減らすことができる。最近,節水を売りにするトイレも出てきたけれども,温水便座で紙を流す量が減っていることも一因かもしれない,と,今このブログを書きながら思った。

 

 で,ここまで話が来て,ようやく海外のトイレの紙の話に辿り着く。海外へ行くと,「配管がつまるので,使った紙はトイレには流さず,脇に置いてあるごみ箱の中に捨てて下さい」,という所が結構ある。中国ではよく見掛けたし,昨年行ったギリシャでも,そんなところが多かった。もちろん衛生的には好ましくないのだけれども,トイレが詰まってしまってはもっと困るから,仕方がないのである。

 

 ということで,日本の便座が素晴らしいのはもちろんなのだけれども,実はトイレの排水が流れていく,下水道も日本のそれは素晴らしいんですよ,というのが,今日の写真と書きたかった話です。

 

ギリシャ・クレタ島のホテルか,観光地のどこかにあった貼り紙。

「トイレに紙は捨てないように」

一番上がギリシャ語,真ん中が英語,一番下はドイツ語?

 

 

 

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
2707位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
81位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR