ワールドカップと宇宙ごみ

 いよいよサッカーワールドカップの開幕である。個人的には特にサッカーが好きというわけではないが、何と言っても4年に1度の祭典だし、レベルの非常に高い試合が見られるので、楽しみにしている。日本代表の成績が芳しくなく、どうも日本国内では以前と比べて盛り上がりは今ひとつのようだが、一つでも勝てば掌を返したように盛り上がるような気がするので、期待していない国民をいい意味で裏切ってもらいたいと思う。

 

 

 ところで「サッカー ワールドカップ ごみ」でgoogleで検索したところ、2週間ほど前のsankeibizの記事が引っかかった。スペースデブリ(宇宙ごみ=古いロケットが捨てた部品や捨てられた人工衛星など)が人工衛星の軌道上にたくさん漂っていて、ワールドカップ南アフリカ大会の中継に支障が出るかもしれない、と言うような記事である。軌道を回っている人工衛星より遙かに多いごみが軌道を回っているらしい。

 

 

 宇宙は限りがないと思って好き放題に捨てていたのが、有限であることにようやく気付いたということだろう。南極探検やエベレスト登山などでもそれこそ山のようにごみを捨ててきた歴史がある。最近でこそ、それらのごみを持ち帰る運動のニュースも聞くが、やがて宇宙のごみ掃除をする時代が来るかもしれない。人間というのは、なかなか過去に学べない動物である。

 

 

 


中国の新彊ウイグル自治区で見たごみ箱。

さて、日本の今回の成績はどうでしょうか。


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
1244位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
40位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR