京都01~「哲学の道」のごみ箱

 このブログを書き始めてから,少なくとも週に1度は更新しようと思っていたのですが,先週は都市学科オープンキャンパスなどで忙しく,お休みしてしまいました。また毎週書いていきたいと思いますので,よろしくお願いします。

 

 さて,私は京都に住んでいるから,市内には寺社仏閣など,いろいろ有名な観光地があるのだが,京都に住んでいるといつでも行けるという気になってなかなか行く機会がない。学生時代に京都に来て以来,すでに20年以上が経つが,金閣寺や二条城などは小学校時代に修学旅行で訪ねたきり,行っていない(ように思う)。むしろ,遠くの友人や外国の研究者が訪ねてきたりすると,それがきっかけとなって見物に行くことが多いのが面白いところである。

 

 お寺や神社というものは,小さい頃は何が面白いのかよく分からなかったが,神社の狛犬とかお寺の仏像とか,建築様式とか,見どころはいろいろあることが最近だんだん分かってきた。特に,その道の専門家や,プロでなくてもそれらを趣味にしている人と一緒に行くと,考えても見なかったいろいろな楽しみ方を教えてもらえて,楽しさも倍増するものである。ごみ箱についてもそんな話が出来ればよいのだが,技術的にそれほど目新しい話があるわけでもなく,デザイン的な面白さぐらいしか魅力を感じてもらえないのだが……。

 

 最近はネタづくりの為もあって,観光地でもごみ箱を意識して探すようになり,ごみ箱の入った構図の写真を一生懸命,撮っている。普通の人はごみ箱が入らない構図を一生懸命探すのかも知れないが。

 

 さて,こちらは左京区北白川の「哲学の道」の風景。学生時代には近くに下宿したこともあってよく歩いたものだが,最近はなかなか行く機会がない。それでも時々近くを通るとやはり歩きたくなる魅力がある。桜の季節や蛍の季節は人が多すぎるので,時期を外して散歩するのがいい。人のあまりいない季節に訪ねられると言うことこそ,京都に住んでいる特権かも知れない。

 


近くには銀閣寺,法然院,南禅寺などがあります。
ごみ箱は気に入っているんですが,交通標識が気に入らない。難しいものです。

 

アップはこちら。ごみ箱ではなく,「ごみ入れ」なんですね。

このごみ箱は京都市内でよく見掛けます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
2748位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
83位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR