リユースビンのお茶『と、わ(To WA)』

 先日のいこま会議のテーマは,「容器包装廃棄物と2R」で,
自分の専門とは違っていたから不安も多かったのだけれども,
それだけに,これまでお付き合いのなかった方々と知り合いになれた。
大きなメリット。

 そのお一人が,リユース式のガラスびんでお茶を提供している
World Seedという団体の中島さん。

 実は,この団体のお茶は,しばらく前に堺市のごみ減量審議会の時に
見ていて,写真を撮っていたのでした。

252-towa01.jpg
携帯電話で撮って,ピントが甘いのですが。

252-towa02.jpg

252-towa03.jpg
見にくいのですが,Rのマークが分かりますか。
Rビン(リユースビン)であることを示しています。


 自治体のごみ関連の委員会などに時々呼ばれているが,
お茶はペットボトルで提供されることが多い。

 飲みきらずに持ち帰ることもしばしばなので,その点では便利なのだが,
ごみを減らすと言う観点からは,リユースビンはもっと見直されても良いはず。
特にごみ減量の委員会などでは,もっと活用されてもいいのではないかと思う。
広く使われるようになれば,競争力も付くだろうし。

 ところで「競争力」と言ったが,
いまはペットボトルとリユースビンの競争は対等になっていない。

 京エコロジーセンターの高月先生が,漫画で,その点を端的に指摘されている。

252-reuse_bottle.jpg

 ワンウェイ容器(使い捨て容器)は,事業者は売ることだけを考えれば良いけれども
リユース容器では,回収して洗って,という費用を事業者が負担しないといけないので
経済的に大きなハンディを負っている,ということを示している。

 つまりリユース容器は,回収コストまでを総て価格に内部化させているということ。

 で,そこまでは認識していたのだけれども……。

 今回の会議の中で会場の参加者から
「栓抜きが必要なのは不便。蓋はどうにかならないのか。」
との質問があった。私も不思議に思っていた。

 その答えは,
「ネジ式(スクリューキャップ)は,割れやすいので,
 繰り返し洗って使うリユースビンでは難しい。」

「オロナミンCのようなキャップ(マキシキャップ)は,
 衛生上の課題(高温で加熱という条件)から難しい。」
という答えだった(*注)。

 なるほど。

 言われてみれば,
オロナミンCのびんも,昔あったスクリューキャップのガラスびんも
ワンウェイ(使い捨て)で,ガラスとしてはリサイクルされるけれども,
リユースされている訳ではない。

 この話を聞いて,
「リユースビンというのは,衛生上のリスクや,ビンの口が欠けるリスクまで
 内部化しているのだなあ」
と,企業がリユースビンを使うことの大変さを改めて感じた。

252-reuse_bottle6.jpg
デンマークのスーパーマーケットに置かれていたリユースビンの自動返却機。
持参した空き瓶を投入するとコインが返ってくる仕組み。



(*注)その後,コメントをいただきました。
割れやすかったり,加熱上の制約はあるが,設備投資や大規模な展開が出来れば,導入する可能性はあるそうです。
プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
2124位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
64位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR