採血の時に針先は見ませんか?

 今日はちょっと,お気楽な話題を。


 学生時代から持病があって,大学の2回生の冬から半年ほど入院していたし,
その後も,3ヶ月~半年に一回ぐらいは,体調を確認するために,血液検査をしている。
もう20年以上にもなるから,思えばずいぶんたくさん,採血されていることになる。

 先日,大学病院で採血される時,針が刺さるところをじっと見ていたら,
採血している看護師さんに,
 「珍しいですね。針の刺さるところを,ずっと見てるんですね。」
というようなことを突然いわれて,ビックリした。

 言われてみれば,いつも,針が刺さる所をしっかりと見るようにしているが……。

 自分の体に針が刺さるんですよ。何が起きるか見ておきたくありませんか。
 見てなかったら,何か変なことをされないだろうかと,不安になったりしませんか。


 自分は痩せているので血管が浮き出ていて,そこに針が刺さっていく様子がよく見えるから,
つい,じっと見てしまう。で,見ながら,

 ああ,こんな風に刺さっていくのだなあ,とか,
 少し痛い時と全く痛くない時があるけれども,いったい何が違うのだろう,とか,
 真空採血管の中に血液が飛び散っていく様子を見て「ああ生きているんだなあ」とか,

考えているのだが,皆さんは,そんなことは考えませんか?


と言うようなことが一瞬にして,ぐるぐると頭をよぎったのだけれども,
針を刺されている身でもあり,おとなしく

 「そうですか。あまりいませんか。」

と聞くだけにしておいた。


「そうか,見つめるのは少数派なのか。」
と思いながら,なぜか,まんざらでもない気分になって,
それ以後も,学内の健康診断など,採血をされる時は,
それまで以上に気合いを入れて,針が刺さるところを見ていたのだが……。


 先日,同じ大学病院に行った時に,採血担当の別の看護師さんに
「針が刺さるところを見ている人って,あまりいませんか?」と聞いたところ,
「半々ですかね……。」という,気が抜けるような返事が。

「全くダメという方もいますけど,見ている方も,そこそこいますよ。」

と言われ,ほっとしたような,ちょっと残念なような,複雑な気分になったものでした。


227-kansensei01.jpg

227-kansensei02.jpg
うちの大学の学内診療所にあった,ごみ箱。


227-kansensei03.jpg
感染性一般廃棄物と感染性産業廃棄物に関するちょっと面白い話もありますが,それはまたの機会に。


プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
2420位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
69位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR