ゼミ旅行-サービスエリアの持ち込みごみ

 8月の終わりに,研究室恒例のゼミ旅行に出掛けた。今年は,パナソニックエコテクノロジーセンター(PETEC)で,家電リサイクルの現場を見学した後,鳥取県へ。大山の滝~境港の散策~鳥取砂丘,と言う1泊2日。

 

 PETECは個人的には3回目だが,何度行っても面白い。家電リサイクル法も色々と変わっているし,搬入されてくる製品も変わっていっているので,行くたびに新しい工夫が見られる。

 

工場の中は写真撮影は禁止なので,入口付近で記念写真。

 

 見学の後は,鳥取に向かって,中国道を西へ。昼食は,途中の加西サービスエリア。

 

頼もしい学生達。ただ,私の興味は背景の方に……。

 

 

相変わらず,紙くず用が多いごみ箱群。

ペットボトルの蓋分別用の籠もあります。

 

 

 

ここでも持ち込みごみが多いのか……と思っていると,

ごみ箱の横に警告の看板が。

 

 

 

家庭ごみや事業系の持込みごみが半分以上というのは驚きです。

気軽に捨てているのでしょうが,ごみ処理費用は安くありません。

こんな状態が続くと,SAでもごみ箱を撤去する日が来るかも……。

 

 

プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
2578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
83位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR