下水道整備と衛生状態02

 前回の続きのような話を。
 

 私が所属しているのは”工学部・都市学科”といって,今年初めて卒業生が出来る新しい学科である。先週の木・金曜日に,ちょうど学科としての最初の卒論発表会が開かれたところ。いまが卒論・修論の発表会の真っ最中で,泣きそうに忙しい,というのは,まあ,他人にとってはどうでもいい話ですね。
 

 都市学科を新設するときに,いろいろな講義科目を新設したけれども,その科目の1つに,「都市史」というものがある。都市学科というぐらいだから,都市の成立の歴史ぐらいは知っておかないとまずかろう,ということで,1年生の前期の必修科目になっている。
 

 この講義では都市の歴史だけではなくて,そのなかで3回を使って,私は「環境史」というものを教えている。
1回目は「文明史と環境問題の関わりのような話」,
2回目は「日本の公害の歴史」,
3回目は「地域の環境問題から地球環境問題への変遷の話」
を,かいつまんで説明している。
 

 と言っても,文明史や環境史,などというものは私の専門ではないから,講義の準備は大変で,1年目はとにかく関連しそうな本を探し回って勉強した。いわゆる環境問題の変遷だけでなくて,たとえば「伝染病の歴史」や「砂糖の歴史」などと言った本も読んでみたが,いずれもすこぶる面白かった。その後も,関係がありそうな本は出来るだけ目を通すようにしている。新書などで読みやすいものが多いので,興味があれば,是非どうぞ。

 

 ところで,関連資料を集めている中で,ある方からいただいた資料が次のグラフ。明治・大正時代の日本のコレラ患者数の推移と,上下水道,ごみ処理の法律が出来た年代を示したもの。
 

 

 自分が原典に当たって見つけた資料ではないので,著作権がすこし心配だけれども,内務省の資料ということで,許されるでしょう(認識が甘ければ,ご指摘下さい。)

 

  この資料を見て驚いたのだが,明治10年代には,日本でコレラで1年間に10万人以上も亡くなっている年が2回もあるんですね。5万人ほどがコレラに掛 かって3万人以上が亡くなっている年も3回もある。死亡率も非常に高くて,コレラではなくて,「コロリ」などと呼ばれていたというのも納得できます。
 

 

 政府は,富国強兵の為には国民に死んでもらってはこまるし,コレラが流行るような国は先進国の仲間入りが出来ない,と必至になって衛生状態の改善に努めようとして,上下水道とごみ処理に力を入れ始める。
 

 これが図中にある「水道条例」と「汚物掃除法」「下水道法」の制定に繋がります。汚物掃除法は,今の廃棄物の処理の基本となる法律「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(通称は廃掃法,廃棄物処理法)」の前身です。
 

 いろいろ読んだ本の中には,必ずしも,これらの法律が出来たことでこれらの患者数が減ったわけでもない,という記述もありましたが,政府がコレラに手を焼いて環境衛生整備に力を入れた様子がよく分かるグラフで,授業でもよく使っています。
 

プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
986位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
31位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR