トイレの神様

 昨晩「探偵ナイトスクープ」を見て知ったのだが、「トイレの神様」という歌が流行っているらしい。植村花菜さんのブログを見ると「探偵ナイトスクープの影響力のすごさに、一晩明けて改めて驚いている今日この頃 (中略) 昨日のテレビで私の事を知って下さった方がたくさんいらっしゃるみたいで」とあるので、知らなかった人は他にも多いみたいだが、トイレやごみの話が取り上げられた歌というのはそれだけで嬉しくて、収録されているCDを入手したくなった。トイレ掃除の話だったので、中学だったか高校だったかで教えてもらった濱口國雄さんの「便所掃除」を思い出して読み返しました。ご存知ない方は、こちらも探して読んでみて下さい。

 

 私も日頃はごみやごみ箱の話をしているが、汚い物つながり?で、トイレにも非常に興味がある。大学(大阪市大 工学部都市学科)の授業で「都市史」の中の「環境史」を担当しているが、都市の歴史を考える上で、トイレや汚物とどのように向き合ってきたのか、というのは非常に面白い。トイレや屎尿に関する本を読んでみると、西洋での屎尿の取り扱いなどにはビックリさせられる。

 

 ところで日本では屎尿を肥料として有効利用していて、貴重な資源だった。ごみの取り扱いについて定めている「廃棄物処理法」は、1900年(明治33年)に制定された「汚物掃除法」に始まっている。ごみと屎尿の収集が地方行政の事務として位置付けられることになった重要な法律で、公衆衛生の観点から定められた物であるが、その制定に当たっては「資源として取り引きされている屎尿を廃棄物として自治体が取り扱う(=民間から取り上げる)」ということでかなりの反対があったらしい。この辺りの事情は溝入茂さんの書かれた「明治日本のごみ対策」に詳しいので、興味が有る方は是非どうぞ。

 

 

デンマークのイーエスコー城(Egeskov Slot(上)と、

そこに展示されていた「おまる」(だと思う。)(下)。




 

プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
825位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
30位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR