犬用のごみ袋

 以前、犬の糞用のごみ箱をここでも紹介したことがあるが、今回はオランダで見つけた同じようなごみ袋を。

 

 アムステルダム国立美術館(Rijks museum)から道路と美術館広場を挟んだ所にゴッホ美術館(Van Gogh Museum)がある。アイ・アムステルダムカードで入場料が無料になるので、引き続いてそちらにも足を運んだ。オランダ到着初日と言うことで朝ゆっくりしてしまった上に、夕方にはHans先生と仕事の打ち合わせをすることになっていたので、アムステルダムには4~5時間ほどしか居られないことは分かっていたのだが、メトロ乗り放題という安心が魅力で、アイ・アムステルダムカードを買ってしまった。

 

 買ってしまうと、貧乏性なもので、元を取らなければ……とあちこちを効率よく回りたいのだが、そんな時に限ってごみ箱が沢山あって、先に進めないのである。

 

 さて、美術館広場に入ったところにあったごみ箱と、ごみ袋がこちら。

ごみ箱の上に赤いごみ袋が置いてあります。

 

 

犬もごみ袋も可愛く描かれています。

どんな袋なのか一枚もらってくれば良かったのですが,なぜかすっかり忘れていました。

 

トイレットペーパーを大切に

 オランダのごみ箱の写真はまだまだあるのだが、そればかりでは飽きてしまいそうなので、今回は違う話を。

 

 GWに家族とユースホステルに泊まりに出掛けたのだが、そこのトイレで用を足しているときに目の前にあった貼り紙がこれ。

 

 


しばらく見入ってしまい、用を足し終えてから、わざわざカメラを取りに部屋へ戻り、写真に収めてきた。トイレに行って得をした気分になったのは久しぶりだった。

 


制作者は、日本トイレ研究所/日本トイレ協会 です。

リンクしておきますので、ぜひ一度ご覧下さい。

アムステルダム国立美術館

 オランダ出張の行きの飛行機で,以前たいへんお世話になった方とばったりお会いした話は少し前に書いたが,その方から「ぜひ 夜警 を見てきて下さい。」と言われたこともあり,週末の少しの時間を利用してアムステルダム国立美術館(Rijks museum)へ行ってきた。

 

 せっかくなので,アイ・アムステルダムカード(38ユーロで多くの美術館やメトロが無料になるカード)を買ってゴッホ美術館も回ることにし,まずはRijks museumへ。

 

大きな看板が目に入りました。

 

入場門の両脇にごみ箱が。入る前にまず一枚。

 

絵を汚さないように,と言う配慮でしょうか?

少し重々しいごみ箱ですが,分別などはありません。

 

 

 アイ・アムステルダムカードを有効に使うために,有名所をさらっと見て回ろうと思ったのだが,門を入ってみると……。

 

この通り,長蛇の列(涙)。

 

 

 で,混雑している列の横には,コーヒーと軽食を売る屋台が出ていた。一体どれくらい待たされるものやら……。

 


ごみ箱があったので,格好の暇つぶしに。

なかなか味のあるごみ箱ですね。

 

 

 このままではゴッホ美術館すら見に行けなくなるかも……と心配したのだが,美術館が混んでいる訳ではなく,入口のセキュリティ・チェックが厳しくて,そこで時間が掛かっているのだった。15分ほどでセキュリティチェックを抜けたら,中は比較的すいていて,日本語の音声ガイドを借りて,じっくりと見ることが出来た。

 

 レンブラントの夜警もフェルメールの牛乳を注ぐ女もとても良かった。これまでは海外へ行っても,美術館へはあまり行かなかったのだが,これからはもう少し美術館にも行ってみようかと思った。

 

 ところでごみ箱の話。もちろん,美術館内にもごみ箱は沢山あったのだが,館内はカメラは携帯禁止で,写真は撮れず。出口近くのごみ箱を撮らせてくれないかと警備員に聞いてみたが,あっさり却下された。

 

で,仕方がないので,美術館を出た所のごみ箱を。

入口門のごみ箱と同じものでした。

プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
1244位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
40位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR