ソウル・インチョン空港

 洞爺湖サミットの際にテロ防止のために封鎖されたごみ箱の話を2回つづけたが,アメリカの9.11テロをきっかけにして,飛行機への搭乗条件が大きく変わった。機内持ち込み品などへの規制がずいぶん厳しくなり,液体もほとんど持ち込めなくなった。

 で,それに伴って,空港に設置されているごみ箱の様子も変わったのである(笑)。

 

 2007年の暮れにソウルへ行った時のごみ箱の写真は既にこちらでもいくつか紹介したが(これとかこれとか),その旅行の際にインチョン空港の出国ゲート近くで見たごみ箱を2つ紹介する。
 

 

 駅や空港のごみ箱はこのように中が見えるタイプの物が増えている。テロを警戒するのであれば,中身が見えるというのは抑止力になりそうである。もうひとつ別の視点から言えば,ごみがいっぱいになってごみ袋を交換するタイミングが分かりやすいという効果もあるだろう。

 

 ところで,これはチェックインカウンターの出口付近にあったごみ箱である。この辺りから飛行機内に持ち込めない飲料が捨てられるようになる。ごみの写真はこんな感じである。

 

 

 それにしても持ち込み禁止で捨てないといけないとは言え,液体の中身が入っているまま,ごみ箱に捨ててしまうという感覚が分からない。すぐ近くにトイレがあるのだから,そこに流してから捨てれば良いと思うのだが,そんな人間は少数派だろうか?

 

 もう一つ,さらに飛行機に近づいて,手荷物検査に向かうゲート直前のごみ箱である。

 

 

 ここまで来ると,液体やゲルは捨てなさいとはっきり書かれている。ごみ箱の中身は,この写真を撮ったときにはあまり入っていないようだが,相当の量の飲料がここへ捨てられているのだろう。

 

 ところで余談になるが,この辺りまで来ると,他の搭乗客もいるし,なにより荷物検査官たちもピリピリしているので,写真を撮るのもドキドキで,ごみ箱の中を覗いて写真を撮るなどと言うのは難しい。そんな所の写真は貴重なので,マニアとしてはぜひとも撮りたいのだが,下手なことをして別室で事情聴取,などと言うことになったらしゃれにならない。きっと写真を撮った理由を詰問されるだろうが,趣味で撮っていると言ったら分かってくれるだろうか?

 

 

プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
1741位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
51位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR