ごみ箱にダイナマイト

 マンションのごみ箱からダイナマイトのようなものが見つかって大騒ぎになったという記事を京都新聞と朝日新聞のwebサイトで見かけた。

 京都新聞の記事はこちら。

 朝日新聞の記事はこちら。

 

 実際は住人が全く悪意なく捨てたおもちゃだったと分かって一件落着となったとのことで関係者もほっとしたことだろう。新聞記事も,特に朝日新聞の記事の後半などを読むと,お気楽な話題という取り扱いである。

 

 しかし個人的には2つのことが気になった。

 

 一つは捨てた人の意識である。捨てた人には悪意がなかったとのことだから、本物のダイナマイトと間違われるとは全く考えなかったということなのだろう。20年間も持っていたら,自分ではおもちゃであることが当たり前になっていて,ダイナマイトと思われるなどとは考えも及ばなかったのかも知れない。

 

 と同時に,自分の捨てたごみがどう見られるのかについても,ほとんど考えなかったのだろうと思う。ごみというのは捨ててしまえば自分のものではなくなるという意識が働くから,捨てた後のことはあまり考えない人も多いかも知れないが,ごみ箱(ごみ捨て場)を管理している人,ごみを収集する人,ごみを処理する人,と実は多くの人が関わっている。自分の捨てたダイナマイト風のおもちゃが,それらの人にどのように見られるのかを少しでも考えていたら,捨て方ももう少し工夫できたかも知れない。

 

 もう一つ気になったのはダイナマイトを見つけた管理人さんのことである。記事では「ダイナマイトのようなものがある」と管理人が通報したとあるが、彼は(あるいは彼女は)、通報したとき,何%ぐらい本物のダイナマイトだと思っていただろうか。

 

 私は実物のダイナマイトなどというものは見たことがないので何とも言えないが、写真のダイナマイトは本物そっくりなのかもしれない。けれども普通のマンションのごみ箱にダイナマイトが捨てられている(仕掛けられている?)などというのは,あまりありそうにもない。まさか本物ではないだろうと思いながら,もしも本物だったら大変なので,とりあえず警察に通報した,という所だろうか。最終的におもちゃであることが分かって「やっぱりそうだったか。」と思ったのかどうか,直接管理人さんに聞いてみたい気がする。

 

 とは言え「こんなところにダイナマイトが捨てられているはずがない」と一笑に付すことが出来ないのが今の世の中である。知り合いの作家の方が「小説で書こうとしていることよりはるかに異常なことが現実に次々に起こるので戸惑ってしまう。」というようなことを言っていたが、確かに最近のニュースなどを聞いていると,どこにでもある普通のマンションでダイナマイトが爆発してもおかしくない世の中になってしまっている気がする。日本というのは治安が良いことが何よりも誇れる国だったと思うのだが,そんな国にはもう戻れないのだろうか?

 

洞爺湖サミットの頃には,こんなごみ箱だらけになってしまいました。

ごみ箱が妙に注目された時期でした。(JR京都駅)

 

こちらは京阪電車です。

 

 

ごみ箱自体がなくなってしまうことも……。

過ごしにくい世の中になったものです。

 

 

下呂温泉合掌村と狛犬博物館

 ゼミ旅行の最後に行ったのは,「下呂温泉合掌村」である。泊まった小川屋から車で10分足らずで行くことが出来た。
 

 国の重要文化財である「旧大戸家住宅」が有名だが,私が一番気になっていたのは「狛犬博物館」である。狛犬に興味を持ち始めたのはここ数年だが,興味を持って神社などを回ってみるとこれが実に面白い。狛犬の魅力などは,狛犬ネットをはじめ,多くのサイトがあり,それらを覗いてみれば,狛犬が面白いことや狛犬に魅せられた人が多いことが分かってもらえると思う。私もゼミ旅行などの機会に学生に話すと,最初は怪訝な顔をされるのだが,実際の狛犬を一緒に見てみると「面白いですね」と言ってくれることも多い。
 

 この狛犬博物館には,古代オリエントに遡ると言われる狛犬の歴史・由来などの解説があり,また木彫・陶器・金属などでできた様々な顔・形の狛犬を見ることが出来る。一緒に行った学生が「最初は狛犬の博物館なんて,意味が分かりませんでしたが,これを見てみると,少し興味が出てきました。」と言っていた。にわか狛犬ファンの私は,実は狛犬博物館があることを下呂に着くまで全く気が付いていなかったのだが,下呂を旅行先に選んだ学生に感謝した。

 

 下呂温泉合掌村には,それ以外にも「かえる神社」(”げろげろげろ”でカエルはこの辺りのシンボル)とか,「影絵昔話館」とか,他では見ることの出来ないユニークな施設もいろいろあって,非常に楽しかった。近くまで行かれたら,ぜひ,行ってみてください。
 

 ということで,狛犬博物館の宣伝になってしまったが,最後に合掌村で見掛けたごみ箱を列挙します。

 

合掌村の入口の前の駐車場に。

 

上から見るとこんな感じ。
むかし公園でよく見掛けた金属のごみ箱が木枠でコーティングされています。

 

こちらは何故か仲良く2つ並んでいます。分別用?

でも何も書かれていないので,分別は難しそう。

 

村の中のお茶屋さんの入口。左はごみ箱。右は傘立て?

 

 


これはトイレの前。厠というのがピッタリの感じですね。
ごみ箱も雰囲気が合っています。

 

 

 長々とゼミ旅行の話をしてきましたが,今回で終わりです。次からは,また,国内,国外のごみ箱に戻りたいと思います。

下呂温泉「小川屋」2

 下呂温泉の日本旅館「小川屋」の続きである。ロビーを抜けて各自の部屋に向かった。部屋に入ればほっと一服するところであるが,やはりついつい部屋のごみ箱が気になるのは悲しい性である。

 

 と言うことで部屋の片隅で見つけたのはこちら。

何とも居心地の悪そうな雰囲気でちょこんとごみ箱が2つ。

 

燃えるごみと「ビン・ペットボトル・缶」の2分別。

燃えるごみのごみ箱は木で出来ていて,資源ごみの方はプラスチック製。

もう少し風情のあるごみ箱だと良かったのですが。

 

 

 ホテルや旅館などでは,ロビーや食堂には分別用のごみ箱があっても部屋には一つしかごみ箱がない所も多い。見栄えはあまり良くないごみ箱だが,2種類あるのは評価ポイントかも知れない。

 

 部屋に置いてある館内案内を見てみると,ISO14001を取得していると言うことで,環境方針が明記されていた。

 こちらが小川屋の環境方針。8年前に作成されているようです。

 

 環境方針は,5つの大項目からなっていて,

1.事業者として環境負荷の削減ならびに環境汚染の予防への取り組み

2.温泉旅館として健康環境への取り組み

3.環境マネジメントシステムの約束

4.関連法規制遵守の精神
5.責任と自覚

 とある。1,3,4,5の項目はよく見掛けるものだが,2の「健康環境への取り組み」と言うのは見たことがなく,感心した。なるほど,温泉旅館としては何より大切かも知れない。

 

 「環境負荷の削減と環境汚染の予防」では,ごみに関連することとして,

  (2)省資源のため,ゼロエミッションの推進に努めます。

  (3)食品廃棄物の発生抑制および「地産地消」に努めます。

が挙げられている。「地産地消」と言えば,夕食に出てきた飛騨牛は絶品だった。

 

 一枚めくった次のページには「宿泊客へのお願い」が。

 部屋の2種類のごみ箱と,ロビーの回収ボックスがアピールされています。

 

 うちの学生がどういう視点でゼミ旅行にこの小川屋を選んだのかはよく知らないが,ISO14001を取得していることが決め手だったとしたら立派なものだと思うのだが,さてどうなのだろう?

 

 最後にごみ箱をもう一つ。こちらはロビーから各階へ上がるエレベータの前に設置されていたもの。

こちらは洋風のホテルのようですね。

 

プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
986位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
31位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR