福岡市の地下鉄2

 福岡大学に最寄りの七隈駅でごみ箱の写真を撮っていて後ろを振り返ると,看板が。

「ダイエット」とか書かれているし,てっきりサンドイッチの広告だと思ったのですが……。

230-fukuoka01.jpg
いやいや,サブウェイ違いでした。

230-fukuoka02.jpg

 電車は電気を使うので,原発が動いている時と動いていない時で,CO2の排出量は変わってきます。
原発がCO2を出さない,というのは,ライフサイクル全体で(廃棄物処理工程も含めて)考えれば,
嘘なのですが。
 1/9や1/3というのが,どうやって計算された数字なのかは,気になります。
もちろん,自家用車よりも公共交通の方が環境負荷が小さいのは間違いないですけどね。


230-fukuoka03.jpg
改札を出たところには,閉鎖したごみ箱もありました。

七夕のお願い

 今日は七夕。危ない雰囲気だったが,雨は降らず良かった。

 

 一昨日,仕事で大阪にあるうちの大学のサテライトへ行った。

JR環状線で大阪駅まで出たのだが,改札の手前に七夕の笹飾りが飾ってあった。

 

普通の風物詩のように思えたのですが。

 

 見るともなく見ながら通り過ぎようとしたら目の前に……。

いまの時代の叫びですね。

驚いて思わず写真を撮りました。

 


(個人の特定は出来ないので問題ないと思いますが,

 問題があれば,お知らせ下さい。)

 

油断大敵?

 間が空いていますが,東京観光の続きを。

 

 東京観光の初日は,江戸東京博物館へ。

 

 JRの両国駅を出ると,目の前に両国国技館があり,そのすぐ近くに江戸東京博物館があるのだが,その間に,東京都下水道局の両国ポンプ所という施設があった。

 

 低地に降った雨を川に排水するためにポンプアップする施設で,見学会の様子を紹介するニュースを,youtubeで見ることが出来る。→こちら。

 

 で,気に入ったのが,博物館に向かう通路に貼られていた看板。

 

前回は当て字の話でしたが,この手のだじゃれも日本人は得意ですね。

 

 油を下水道に流すのは良くない,というのはよく聞く話だけれども,長々と理屈っぽいお説教を聞くよりは,「油断快適」と一言で言ってもらえる方が,ずっと効果的かもしれない。思わずニヤリとさせられた。

 

 

 江戸東京博物館は,評判に違わず,なかなか面白かった。下水繋がりでこんな一枚を……。

 

肥桶を担いでみるという,体験コーナー。ちょっとへっぴり腰気味ですね。

 

 肥料の少なかった江戸時代には屎尿が肥料として売買されていたというのは,有名な話。江戸の循環型社会の象徴です。

 

 このおかげで,江戸の街はその当時の世界の大都市と違って,街中が非常にきれいだったようだ。パリなどでは,屎尿は建物の窓から道路に撒き散らしていたそうで……。

 

 

 

プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
2682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
83位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR