じっと我慢の時~古衣類は家で保管を~

コロナの影響で,多くの人が家にこもるようになり,断捨離でごみが大量に出ている,
という話はテレビなどでもよく見掛ける。

もう一つよく聞くのが,古布,古い衣類が余っているという話。
ときどき聞いていたのだが,最近,つづけて同じようなメッセージを見つけたので,並べておきます。

289-衣類あまり1

これは私の住んでいる高槻市の町内に回ってきた回覧板。


289-衣類あまり2

こちらは職場(大阪市立大学)の最寄り駅の近くの町内掲示板。

どちらも書かれている事は,同じで,

・新型コロナウイルス感染症拡大防止のため輸入を制限しているため,多くの古布類が国内に滞留していること,
・その為に,しばらく古布類を,家で保管しておいて欲しいこと,
が書かれている。

古布にしても古紙にしても,経済ベースでリサイクルが回っているところがあるから,
世の中に在庫がない時は積極的に回収されるが,
社会で在庫がだぶついてしまうと,保管料ばかりがかかる厄介者になってしまう。
つまりお金と同じで,回ってなんぼ,という面がある。

諸事情で回っていない時に,良かれと思って私たちが無理にリサイクルに出すと,
間に入っている回収業者やリサイクル業者が苦しんで,
結局リサイクル産業を潰してしまったり,最悪の場合,
リサイクルされずにごみとして処理されてしまったりする可能性がある。

家にこもるのは辛いけれども,外出を我慢するべき,というのと同じように,
古紙や古布をリサイクルに回すのも,今は我慢する時のようですね。

第8回3R・低炭素社会検定

昨日は,第8回の3R・低炭素社会検定の検定日。

直接の試験監督ではなかったのですが,大阪会場のサポートに行っていました。
指導している学生も何人か受験していたので,その応援も兼ねまして。

262_3rkt01.jpg
写真を撮っている時間がなかったので,HPのスクリーンショットでお茶を濁しておきます。

うちの学生も気掛かりですが,お金を払って講習を受けた下さった方々のことも気になります。

4択とは言え,中にはかなり難しい(細かい知識が問われる)問題もあったようですが,
結果はどうだったでしょうか。
合格していると良いのですが……。

職場の近くのごみの山

 職場の近くに,
自転車・ミニバイクの放置を咎める看板が以前から立っていたのだが,
少し前から,ごみが増えだしたな,と思ったら
ごみの山がどんどん大きくなっている。

257-sugimoto.jpg
少し前まで,自転車とバイクが一台ずつ放置されていただけだったのですが。


 あれ,家庭ごみが捨ててあるな,と思ったら,
日に日に同じようなごみがどんどんと増えてきて,
まるで,ごみが自己増殖しているようだ。
どこまで増えていくのか,恐ろしい。

 最初に捨てる人は,後ろめたい思いもあるのだろうが,
こんな風にごみが溜まってくると,
後から見た人は,そこがごみ捨て場のように思えてきて,
罪悪感もなしに捨ててしまうのだろう。

 ごみの不法投棄は,倫理観の不法投棄でもあると思った。

=-=-=-=

 毎度のことながら,すっかりご無沙汰で,すみません。
今晩から2泊3日で中国へ出張しますので,
またごみ箱の写真を撮ってきたいと思います。
プロフィール

水谷聡

Author:水谷聡
@大阪市立大学 工学部 都市学科

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ライフ
2114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
エコロジー
69位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
リンク
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR